夏の思い出 其の三

此処までの話
家を出て高速に乗ったら渋滞
車の横転現場を過ぎて

此処から始まります

渋滞区間を通過して中央道から首都高
そして東北道へ
中央道と違い車線が多い東北道
スイスイと進み
この辺で皆のお腹が空き
羽生パーキングへ
何を食べようかなぁ〜
と考えてたら うどん屋さんは混んで並んでる
隣のラーメン屋は空いてる
でも
朝からラーメン?

長男はラーメン屋さんの辛いのに釘付け!
下の子と妻はうどん屋に既に並んでる
ならば
俺は長男とラーメンに行くか!!
辛さを選ぶ時に色的に真ん中でも行けそうだが
店員さんに うちのは辛いよ〜〜
と促されて決め注文

その時

長男が 「炒飯も」

はぁ〜〜?

席を決めて待ってると渡された物のブザーが鳴り
取りに行くと匂いで辛そう💦
食べ始めると

美味しい〜〜〜〜


辛いΣ(゚д゚lll)〜〜
後から来ました
長男も辛いと言いながら
2人で食べてる所に妻達が合流
向こうは涼しくすする
我々は勢いで食べてる🌀🌀🌀

果たしてこれは朝食かっ!?
しかし 食べれば食べるほど美味しい辛さ!
私はスープも飲み干し
長男は炒飯も食べ
「なんか 足んない〜〜」

Σ(゚д゚lll)
成長期の食欲って!


中々 目的地に着きませんが
今日は此処までです!
m(_ _)m

ではまた!



この記事へのコメント